02/08
2023
Wed
旧暦:1月18日 赤口 丁 
社会・全般
2019年8月8日(木)8:57

活動参加のきっかけに/サマーボランティア研修会

中高生50人参加


オリエンテーションで参加者同士で自己紹介する女子生徒=7日、下地農村環境改善センター

オリエンテーションで参加者同士で自己紹介する女子生徒=7日、下地農村環境改善センター

 サマーボランティア体験研修会(主催・市社会福祉協議会)が7日、下地農村環境改善センターで行われた。中高生約50人が参加。認知症や障がい児について理解を深めるとともに、ボランティアの果たす役割について認識を新たにした。

 研修や交流を通して「これから自分たちに何ができるか」を考える場とし、今後のボランティア活動につなげることが目的。

 主催者を代表して市社協の饒平名建次会長は「研修に初めて参加した皆さんはボランティア活動を始めるきっかけに。また、活動を継続している皆さんは新しい自分を発見し大きく成長する弾みにしてほしい」と呼び掛けた。

 研修会では、市地域包括支援センターひららの沼口克代認知症地域支援推進員・看護師、自立生活センターまんたの吉田晋介共同代表、ビザライチャイルドサポートみやこの具志健一施設長、下地診療所リハビリテーション科の右田秀生科長がそれぞれの現場から講話を行った。

 小学生のころ、保育園で体験ボランティアをしたことがあるという與那覇千尋さん(平良中2年)は「研修は日ごろ学べないことが学べる。福祉や介護の知識を得て、将来の仕事に生かしていきたい」と話した。

 研修会は、各施設での仕事体験も含め3日間開かれる予定だったが、台風9号の接近で初日の講話のみで終了した。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年2月2日(木)8:58
8:58

12月観光客数は6万2179人/宮古島市

最多の19年度に次ぐ多さに 市観光商工課は1月31日、2022年12月の宮古島市への入域観光客数について、前年同月比1万3952人増の6万2179人だったと発表した。12月としての最多を記録した19年度の7万6621人には届かなかったものの、それに続く18年度…

2023年1月31日(火)8:58
8:58

きょう、開通から8年/伊良部大橋

宮古の観光産業をけん引   宮古本島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋は、きょう31日で開通から8年を迎える。すっかり島民の生活路線として定着した大橋だが、宮古地区全体で飛躍的な伸びを示す観光産業のけん引役として内外の注目を集める。伊良部島、下地島では官民一…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!