07/23
2024
Tue
旧暦:6月17日 仏滅 丁 大暑
社会・全般
2019年8月10日(土)8:59

長時間暴風で倒伏/台風9号

キビ、葉裂ける被害/県、市が農作物調査実施


強風にあおられ横倒しになったサトウキビ。葉が裂ける被害が各地で見られた=9日、宮古島市内

強風にあおられ横倒しになったサトウキビ。葉が裂ける被害が各地で見られた=9日、宮古島市内

 8日昼から宮古島地方を暴風域に巻き込んだ台風9号。農作物では、サトウキビが強風にあおられて倒伏したり、葉が裂けたりする被害が各地で見られた。県や宮古島市は9日に被害調査を実施。10日に品目ごとの被害額を公表する。

 台風9号は、猛烈な風を伴って北上。宮古島地方は長時間にわたり暴風にさらされた。特に多良間島は台風の中心が通ったため被害の広がりが懸念される。

 農作物は基幹作物のサトウキビのほか、オクラ等でも被害が出ているものとみられる。ここまで順調に生育していたサトウキビは横倒しになり、葉の多くが裂ける被害が発生した。

 ただ、梢頭部や茎の折損被害は少なく、甚大な被害は免れたよう。今後は塩害対策が重要になりそうだ。

 県や市、製糖工場、JAなど関係団体は9日午後に被害調査を実施した。複数班に分かれて各地の被害状況を調べて回った。

 それぞれサトウキビの葉が裂ける被害は確認したものの、「折損系の被害は最小限に抑えられているのではないか」(参加者)とみている。

 市農林水産部の福里匡次長は「長い時間、暴風が吹いたが、現場を確認したところ甚大な被害はないものと思われる」と話した。

 上野のサトウキビ農家の川満長英さんも「もちろんゼロということはないと思うが、大きな被害はないのではないか」とみる。その上で台風の接近前に雨が少なかったことに触れ、「このまま雨が降らないことを最も心配していたが、たくさん降った。雨をもたらしてくれた台風だった」とプラスの面も強調した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年7月21日(日)9:00
9:00

キッチンカーグルメ満喫 「 ひらりんマーケット 」

ひらりんマーケット(主催・日本観光振興協会、宮古島市)が20日、平良港内のひらりん公園で開催された。会場には、たこ焼きやかき氷などキッチンカーが6台、アクセサリーなど物販が8店舗参加し、地元住民やクルーズ船観光客らがお目当ての商品を買い求めながら交流を楽しんだ…

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!