08/07
2022
Sun
旧暦:7月10日 仏滅 壬 立秋
社会・全般
2019年8月15日(木)9:00

広がる読書空間/市未来創造センター

蔵書数は15万6000冊/「知の殿堂」17日開館


17日に開館する市未来創造センター。蔵書数は15万6000冊に及ぶ=14日、平良東仲宗根

17日に開館する市未来創造センター。蔵書数は15万6000冊に及ぶ=14日、平良東仲宗根

 図書館と中央公民館機能を併せ持つ宮古島市未来創造センターが17日、開館する。一般開放は午後2時から。開館に合わせて「宮古島芸術展」など複数の企画展が実施される。蔵書約15万6000冊を収納する新しい「知の殿堂」が、文化活動の拠点としての機能を備えてオープンする。

 同センターは、平良東仲宗根の旧宮古病院跡地に建設された。2017年3月の着工から2年4カ月余りを経て開館を迎える。

 3階建ての建築面積は7705平方メートル。延べ床面積は1万2203平方メートルある。

 外観はテーブルサンゴをイメージした流線型の構造に。館内の吹き抜け部分にも同様の設計が施されており、外観と一体感を持つデザインが印象的だ。

 ガラス張りの壁面から入り込む十分な光量は館内を明るく照らし、くつろぎながら読書を楽しめる空間が創出されている。

 知識欲を満たす一般図書資料エリアのほか、子どもエリアや郷土エリアも充実している。ギャラリーや新聞コーナー、喫茶コーナーもあり、気軽に利用できる工夫が施されている。

 講演、展示会などを行う多目的ホールは300人を収容できる。吹奏楽や軽音楽、ダンスの練習ができるスタジオのほか、複数の休憩所を館内に配置。セミナーやサークル活動を行える研修室も完備した。

 メインの出入り口は正面玄関がある南側で、市の上下水道部側から入る。駐車場は建物の西側を中心に210台分を確保した。

 開館日当日は午前10時からオープニングセレモニーを開く。市歌斉唱の後、関係者がテープカットを行い開館を告げる。この後、記念式典、内覧会、祝賀会を開いて開館を祝う。

 開館に当たり、上地誠賢館長は「気軽に来館して利用できるような工夫が施されている」と紹介し、「広く市民や観光客の皆さんに憩いの場として活用してほしい」と呼び掛けた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!