10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
社会・全般
2019年8月15日(木)8:57

552柱のみ霊慰める/南静園 

差別や偏見ない社会に


御霊を慰め水子を供養する参列者ら=14日、宮古南静園の納骨堂前

御霊を慰め水子を供養する参列者ら=14日、宮古南静園の納骨堂前

 国立療養所宮古南静園(知念一園長)で毎年旧盆の中日に実施される慰霊祭が14日、同園の納骨堂前で執り行われた。知念園長や職員、入所者など関係者らが参列。552柱のみ霊を慰め、強制的に堕胎された水子の霊を供養した。差別や偏見のない社会を願った。

 参列者全員で1分間の黙とうをささげた後、知念園長は「南静園で眠られる552柱のみ霊は、国や地域社会から激烈な差別を受けながらも、その人生をたくましく生き抜かれた方々である。ハンセン病のために親兄弟、地域社会から排除されて、それでも人間であることを貫き通して誇り高く人生を全うされた皆さま、今は心静かにお眠りになることをお祈り申し上げる」と哀悼の辞を述べた。

 その上で「むなしく散らされて世に出ることのかなわなかった名も無き水子のみ霊に対しても、安らかに眠りに付かれることを心より願う」と語った。

 さらに「ハンセン病は簡単に伝染する病気ではないこと、治る病気であること、恐れる病気ではないこと、ハンセン病にかかったことのある人に罪はないことを、入所者の皆さまとともに世の中に強く訴えていく」と強調し「皆さまの名誉回復のために鋭意努力していく」と強調した。

 2019年8月14日現在、宮古南静園入所者は57人(男性30人、女性27人)で平均年齢は87・7歳。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!