01/22
2022
Sat
旧暦:12月20日 先勝 乙 
産業・経済
2019年8月18日(日)8:56

炎天下、豊作期待

農家、キビ夏植えに汗


農家はキビの苗を畝間に落とし足で土をかぶせていた=17日、伊良部

農家はキビの苗を畝間に落とし足で土をかぶせていた=17日、伊良部

 伊良部で日、サトウキビの夏植え作業が始まった。快晴の下、生産農家の中には、キビの茎を20~30㌢に切断した苗を畝間(うねま)に落とし、足で土をかぶせていた。宮古島では、これから夏植えは本格化する。


 この日、生産農家のうち、濱川利夫さん(73)と妻の恵子さん(64)ら4人は、奨励品種「8号」を夏植えした。

 ハーベスターを使う畑の畝幅は140㌢、手刈りの場合の畝幅は120㌢という。濱川さんは、収穫時にハーベスターを利用することから、耕運機で140㌢の畝幅に仕立てた。

 濱川さんは「夏植えの面積は60㌃だが、土作りも頑張ったので豊作を期待している」と語った。 


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!