10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
社会・全般
2019年8月21日(水)9:00

「離島振興」の議論開始

宮古観光の課題で意見も/次期振興計画向け


離島過疎地域振興部会の初会合=20日、那覇市

離島過疎地域振興部会の初会合=20日、那覇市

 【那覇支社】次期沖縄振興計画の策定に向け、離島地域などについて議論する「離島過疎地域振興部会」(部会長・嘉数啓琉球大学名誉教授)の第1回会合が20日、那覇市の南部合同庁舎で開催された。現行の計画である「沖縄21世紀ビジョン基本計画」の実績について県の担当者から報告があったほか、委員からは宮古地区などでの「オーバーツーリズム」についても発言があった。

 「沖縄21世紀ビジョン」は2021年度末で期限を迎える。県は、新たな振興計画の策定に向け、県振興審議会にある九つの部会で議論を進める方針で、同審議会からの答申を経て来年度中には新たな振興計画の素案をとりまとめるとしている。

 20日の初会合では、委員から「(オーバーツーリズムで)宮古の地元の人は困っている。宮古を離れようという人も、だいぶ出てきている」「宮古島は世界の島しょ発展のモデルケースになると思っている。環境と経済社会振興を両立させる島にしたいが、現状はそうなっていない。(今後)議論を深めたい」との声が上がった。

 このほか、「それぞれの離島で、どういう観光が望ましいかを考える必要がある。欧州ではクルーズ船の規制に入っている。良質な観光を求めるべきだ」という意見も出された。

 県の担当者からは「宮古は非常に発展しているが、人口が平良地区に移動して上野や城辺の一部では地域が維持できないという現状もある」との指摘もあった。

 同部会は年内に今後4回開催される予定で、11月中旬には議論のとりまとめを行う。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!