07/14
2024
Sun
旧暦:6月9日 友引 己 
社会・全般
2019年8月24日(土)8:58

「離島振興」24項目を要請/宮古・八重山の5市町村

富川盛武副知事(左から3人目)へ要請文を手渡した長濱副市長(右端)、伊良皆村長(左端)と石垣市の中山義隆市長(右から3人目)ら=23日、県庁

富川盛武副知事(左から3人目)へ要請文を手渡した長濱副市長(右端)、伊良皆村長(左端)と石垣市の中山義隆市長(右から3人目)ら=23日、県庁

 【那覇支社】宮古島市の長濱政治副市長と多良間村の伊良皆光夫村長など宮古・八重山5市町村で構成する「美(か)ぎ島(すま)美(かい)しゃ市町村会」の首長らは23日、県庁を訪問し、県外へ出荷する農水産物への輸送費を補助する「流通条件不利性解消事業」の維持と品目の追加、多良間地区での農業農村整備、離島生徒派遣に対する支援継続など24項目の要請書を提出した。富川盛武副知事が対応した。

 長濱副市長は「今、香港へ紫イモをペースト状で輸出しているが、加工品なので不利性解消事業の品目から外れている。イモは生で輸出できず、やむを得ずペースト状にしているのに、(対象)品目から外れているのはどうか」と述べ、輸送費補助の対象に加工品を加えるよう求めた。

 また、「宮古島市の旧郡区は過疎化が進んでいる。ここを何とか手当てしなければならない」とも述べ、通常の地方債より有利な「過疎債」を発行できる国の認定が継続されるよう要請した。 

 このほか、副知事との懇談では、下地島空港について「飛行機がタッチアンドゴー(訓練)で来るが、(空港を使用するための)値段が高すぎる。柔軟に対応してほしい」とも語った。

 伊良皆村長は、「多良間島は山がなく土層が薄いため、土が不足して有効な土地改良ができない。過去にも宮古島から(土を)運んだが、費用がかかるのでストップしている。ぜひ復活させて有効な土地改良事業を進めてほしい」と述べた、石垣-多良間間の航空路線復活への協力も求めた。

 富川副知事は、要請に対し「離島振興は県政としても非常に重要な課題なので、皆さまと連携しながら進めていきたい」と応じた。「下地島空港の重要性は認識している」「沖縄の観光をけん引しているのは石垣・宮古の力が相当強い」とも語るなど、離島振興へ意欲を見せた。

 会談には、宮古島市区選出の座喜味一幸県議(沖縄・自民党)、亀濱玲子県議(社民・社大・結)らも同席し、県に離島振興への注力を求めた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!