10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
教育・文化
2019年8月25日(日)8:56

新商品の可能性探る/池間中生徒

総合学習 島の素材活用


発表後、質問を受ける参加者(左)=24日、池間小中学校

発表後、質問を受ける参加者(左)=24日、池間小中学校

 総合的な学習の時間の一環で、池間小中学校(与那覇淳校長)は24日、「島に仕事をつくる~シマの素材を使った商品開発の実践~」をテーマに商品開発企画会議・発表を行った。5班がそれぞれ野草などを材料にした新商品名、新商品の実現可能性、社会的な意味などを堂々と発表した。参加した生徒13人は、今回の取り組みで大きな自信と意欲を身に付けた。

 この学習には、企画・コーディネートを行うヤラブの木(三輪智子代表)のほかに、海洋教育基盤研究プロジェクト研究(研究代表者・小玉重夫東京大学大学院教授)の関係者、東大附属中学校出身者らが全面的に協力した。

 最後に発表した5班は「商品名は『いけタピ』。作り方はミルクと島バナナを混ぜてシェイクを作り、その中にタピオカを入れる商品」と紹介した。

 実現可能性については「生産量は観光客の客数に合わせて作り、足りない場合は700本限定で販売する」と提案した。

 社会的な意味については「国産のタピオカ粉を使って、タピオカを手作りしているタピオカ店は日本初になるのでは。タピオカ作り体験などのツアーもできるから島の魅力となる。新しい仕事ができる」と結んだ。

 各班の発表後は、参加者から大きな拍手が送られた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!