06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
スポーツ
2019年8月27日(火)8:57

方(宮古島卓球ク)単複で2冠/卓球選手権県予選

11月の全国大会へ


県大会で2冠を達成した方(左)と女子ダブルス3位の狩俣(中央)と宮國=26日、宮古島卓球クラブ

県大会で2冠を達成した方(左)と女子ダブルス3位の狩俣(中央)と宮國=26日、宮古島卓球クラブ

 全日本卓球選手権大会(カデットの部)の県予選大会が24、25の両日、宜野湾市立体育館で開かれた。宮古島卓球クラブの方祥人(平良第一小6年)が、13才以下(中学1年以下)の男子シングルスと同ダブルスで2冠を達成し、11月に山口県で開催される全国大会への出場権を獲得した。女子ダブルスでは同クラブの狩俣あい梨・宮國由梨乃(平良第一小6年)が3位に入った。

 方は大会に向けて3週間の台湾合宿を敢行したという。シングルスではトーナメントを順調に勝ち上がり、決勝リーグでは3戦全勝で2連覇を飾った。ダブルスでは宇地泊友陽(コザ卓球クラブ)と組んで、初優勝をつかんだ。

 方は「シングルスの決勝リーグは全勝して優勝したいと思っていた。実現できてうれしい。ダブルスも絶対優勝しようと2人で話していた」と振り返った。全国大会については「昨年は1回戦で逆転負けだった。今年は最低でも1回戦は勝ちたい」と抱負を述べた。

 女子ダブルス3位の狩俣と宮國は「優勝が目標だった。初めて組んだ大会だったので、勝ち上がれたことは自信につながる」と声をそろえた。

 同大会ではそのほか、14才以下の男子シングルスで方永志(宮古島卓球クラブ)が、13才以下の女子シングルスでは砂川藍衣(平良中)、上里みなみ(同)、宮國がそれぞれ8強入りを果たした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!