10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
産業・経済
2019年8月27日(火)8:56

2年連続で売上1億円突破/マンゴー共和国がフィナーレ

マンゴー共和国が終了。販売額は2年連続で1億円を突破し、感謝の夕べで関係者が互いの労をねぎらった=25日、島の駅みやこ

マンゴー共和国が終了。販売額は2年連続で1億円を突破し、感謝の夕べで関係者が互いの労をねぎらった=25日、島の駅みやこ

 宮古島産マンゴーのブランド化を目指す島の駅みやこの「マンゴー共和国2019」が25日にフィナーレ(感謝の夕べ)を迎えた。同日に同駅内で感謝の夕べが開かれ、生産農家や関係者が一堂に会して今年のイベントを振り返った。また、今年は島の駅全体で1億270万円を売り上げたことも報告された。対前年比で1・4%減となるも2年連続で1億円を突破した。

 マンゴー共和国の建国は今年5年目で年々認知度を広げているイベント。今回も大統領には下地敏彦市長が就任し、今年は6月16日から8月25日まで行われた。

 感謝の夕べでは、実行委員長でパラダイスプランの西里長治社長が「今年は昨年以上の盛り上がりとなった。期間中は毎日のようにマンゴーへの問い合わせがあり、観光客にも喜んでもらえたと思う。宮古島を代表する夏のイベントとして来年も皆さんと一緒に盛り上げていきたい」と述べた。

 また、閉国のあいさつでは、同共和国大臣の根間春仁さんが「期間中は全国のマンゴーファンから喜びの声をたくさんもらうことができた。これからもより一層、マンゴーの島宮古島をみんなで盛り上げてほしい」と呼び掛けた。

 さらに、同共和国の可部裕文博士が乾杯のあいさつを行い、来年以降もさらなる同共和国の繁栄を誓い合った。

 表彰式では、ベスト・オブ・ザ・イヤー賞(最多売上)の田原フルーツランド、ベストセールス賞(最高平均単価)の我如古真也さん、エクセレント賞(最多納品数)の本村和賀代さんが表彰を受けた。

 今年の販売実績では、青果マンゴーが対前年比で97・0%となったが、加工品、飲料などマンゴーカフェ合計の売り上げは157・8%となっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!