08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
産業・経済
2010年12月29日(水)9:00

粗糖1300㌧初出荷/宮糖伊良部工場

本土向け貨物船に積載


貨物船の船倉に流し込まれる粗糖=28日、伊良部の長山港

貨物船の船倉に流し込まれる粗糖=28日、伊良部の長山港

 2010/11年産の製糖操業中の宮古製糖伊良部工場(渡久山和男工場長)は28日、宮古ではトップを切って本土向け貨物船に初荷の粗糖1300㌧を積み込む作業を開始した。年内に岡山県へ出港する見通し。


 初荷式で、宮古製糖の安村勇社長は「私が社長に就任して、初めての出荷。3月までの長丁場の製糖操業なので、なお一層気を引き締めて無事故・無災害で頑張ってください」と激励し、貨物船の航海安全を願った。

 この後、粗糖を満載した大型トラックは、貨物船の栄球丸(499㌧)が接岸している長山港へ輸送。粗糖はベルトコンベヤーに乗せられ、船倉に流し込まれた。

 この日は6日の操業開始から22日。今期は前期より2920㌧減収の6万630㌧、反収は平年並みの7・8㌧を予想している。

 27日までに1万675㌧の原料を搬入・処理した。処理した73%、7845㌧が基準糖度(13・1度)以上。糖度は、平均13・63度、最高17・7度、最低8・7度。生産農家のトン当たりの平均手取価格は2万1609円。

 製糖操業は来年3月31日までの118日を予定。

 一方、宮古製糖城辺工場、同製糖多良間工場、沖縄製糖宮古工場の3工場は、年明け1月7日から製糖操業を開始する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!