10/01
2022
Sat
旧暦:9月6日 友引 丁 
社会・全般
2019年9月10日(火)8:56

市消防本部救急隊を表彰/緊急医療の貢献など評価

「2019年度県救急医療関係功労者知事表彰」を受賞した市消防本部消防署の上原昭宏署長(右から2人目)と県保健医療部の砂川靖部長(中央)ら=9日、県庁

「2019年度県救急医療関係功労者知事表彰」を受賞した市消防本部消防署の上原昭宏署長(右から2人目)と県保健医療部の砂川靖部長(中央)ら=9日、県庁

 【那覇支社】県内の救急医療に貢献した団体や個人をたたえる「2019年度県救急医療関係功労者知事表彰式」が9日、県庁で開催された。宮古地区からは「団体功労」の部門で宮古島市消防本部救急隊が表彰された。表彰式に出席した市消防本部消防署の上原昭宏署長は「関係機関と連携しながら、救命にまい進していきたい」と力を込めた。

 市消防本部救急隊は、年間3000件を超える救急搬送実績があるほか、17年度には海上保安庁と協定を締結することで連携を強化して急患空輸体制の構築に尽力している。予防救急の周知に積極的に取り組んだことなども、高く評価された。

 表彰式で、県保健医療部の砂川靖部長は「今後とも、県の救急医療提供体制の確保・充実を図るため、より一層の支援と協力をお願いしたい」とあいさつした。

 表彰式後、上原署長は「どうすれば尊い命が助かるのかについて、日々考え努力したことが認められ大変うれしく思う。今後も関係機関と連携して、スピーディーに対応して人命救助に努めていきたい」と力を込めた。

 県では、9月9日の「救急の日」を含む「救急医療週間」(9月8~14日)の一環として、長年にわたり県内の救急医療対策の確保に貢献した団体と個人を表彰している。関係者の意識を高めるほか、救急医療に対する県民の正しい理解と認識を深めることが目的で、今年度は1団体3個人が受賞した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!