07/14
2024
Sun
旧暦:6月9日 友引 己 
社会・全般
2019年9月13日(金)8:57

4人を農業士に認定/沖縄県

下地市長「栄えある資格」


農業士認定を下地市長(前列中央)に報告した(前列右から)重田さん、長尾さん、平良さん、川平さん=12日、市役所平良庁舎

農業士認定を下地市長(前列中央)に報告した(前列右から)重田さん、長尾さん、平良さん、川平さん=12日、市役所平良庁舎

 県はこのほど、指導農業士に重田康行さん(45、平良)、長尾浩司さん(43、同)、女性農業士に平良享子さん(55、城辺)、青年農業士に川平泰士さん(32、下地)をそれぞれ認定し、認定証を交付した。4人は12日、市役所平良庁舎を訪ね、下地敏彦市長に報告した。下地市長は「栄えある資格。これからも『宮古の農業はここにあり』で頑張ってください」と激励した。

 農業士とは優れた農業経営を行いつつ、新規就農者の育成や地域農業の振興に取り込む農業者が、県知事から認定される制度。

 宮古地区農業士会は、指導農業士34人、女性農業士9人、青年農業士3人の計46人で構成されている。

 重田さんは「本土ではアスパラガスは栽培から3年目に収穫されるが、宮古ではほぼ1年目から収穫できる。これからアスパラガスの栽培にも力を入れ、将来は香港に輸出したい」と意気込みを語った。

 夫と2人でサヤインゲンやオクラ、サトウキビを栽培している平良さんは「本土で農産物などを販売するイベントがあれば、積極的に参加して宮古島産の農産物を販売したい」と話した。

 報告会には、宮古農林水産振興センターの長崎祐二所長、同センター農業改良普及課の名嘉真清美課長が同席した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!