09/29
2022
Thu
旧暦:9月4日 赤口 乙 
産業・経済
2019年9月25日(水)8:56

マンゴー農家に交付

エコファーマー認定証/宮古農水振興セ


長崎所長(前列右)と関係者=24日、宮古農林水産振興センター

長崎所長(前列右)と関係者=24日、宮古農林水産振興センター

 宮古農林水産振興センター(長崎祐二所長)は24日、宮古地区エコファーマー認定証交付式を行った。長崎所長が環境に優しい農業に取り組むマンゴー農家の下地一武さん(36)=上野=と下地直輝さん(同)=平良=の代理で参加した妻の明葉さんに認定証を交付した。下地一武さんは再認定、下地直輝さんは新規。認定証の期限は5年。

 エコファーマーとは、県持続性の高い農業生産方式の導入に関する指針に基づき、持続性の高い農業生産方式を導入する計画を立て、県知事の認定を受けた農業者。宮古島市での認定者数は今回の2人を含めて7人。多良間村での認定者数は223人。

 今回認定を受けた2人は、今後マンゴーにエコファーマーマークを付けて販売することができる。家庭で日記を付け、毎年土壌検査を受けることになっている。

 交付式で、同センター農業改良普及課の名嘉真清美課長は「土づくりに関する技術に加え、地域慣行施肥における化学肥料窒素成分の約3割減、化学農薬の地域慣行使用回数の約3割減を目標に取り組み、環境に配慮した農業生産を行っていくことになる」と述べた。

 長崎所長は「宮古のマンゴーが日本一ではないかと思っている。今後とも一生懸命取り組んでほしい」と激励した。

 下地一武さんは「今後ともおいしいマンゴーづくりに取り組んでいく」と気持ちを引き締めた。

 交付式後、参加者らは記念撮影を行った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!