09/28
2022
Wed
旧暦:9月3日 大安 甲 
教育・文化
2019年9月27日(金)8:56

正しい知識と理解を/伊良部島小中9年生

ハンセン病の歴史学ぶ


説明を聞きながらハンセン病の歴史を学んだ=26日、宮古南静園

説明を聞きながらハンセン病の歴史を学んだ=26日、宮古南静園

 伊良部島小中学校の9年生30人が26日、社会科校外学習で宮古南静園にある「ハンセン病歴史資料館」を訪れ、関係者から説明を聞きながら、ハンセン病と宮古南静園について学んだ。

 元患者でハンセン病と人権市民ネットワーク宮古の知念正勝さんと上里栄さんが自らの体験談を話した。知念さんはらい予防法による強制隔離政策や戦争による被害を説明し、「沖縄の施設は強制隔離と戦争被害の二重の苦難に遭ってきた」と話した。また今年6月に判決が出たハンセン病家族裁判について、「560人の原告のうち、約70%が名前を明かさずに原告となった。ハンセン病患者が家族にいたということが分かると偏見を持たれるから。今なお差別と偏見は続いている」と話した。

 宮古南静園の退所者は約60人いるが元患者であることを隠して生活している人がほとんどで、身上を明かして人前で話しているのは2人だけだという。知念さんは「ハンセン病に対して正しい知識と理解を深めてほしい」と生徒らに呼び掛けた。

 2人の話を聞いた上里琉輝君は「小さいときに親と離れ離れになってつらい思いをしてきた。隔離されるのは自分なら耐えられない」と感想を話し、差別や偏見については「(病気が)うつるかもしれないからという気持ちは分からないわけではないが、簡単にうつることはないから差別はしない方がよいと思う」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!