07/23
2024
Tue
旧暦:6月17日 仏滅 丁 大暑
教育・文化
2019年10月13日(日)9:00

全宮古書道展/大賞に下地、平良さん

特別賞45人を発表
19、20日に804点を展示
宮古毎日新聞社、書心会


児童・生徒の部で大賞に輝いた下地さんの作品

児童・生徒の部で大賞に輝いた下地さんの作品

高校・一般の部で大賞に選ばれた平良さんの作品

高校・一般の部で大賞に選ばれた平良さんの作品

 宮古毎日新聞社(伊志嶺幹夫社長)、書心会(古堅宗和会長)はこのほど、第38回全宮古書道展の特別賞に選ばれた45人を発表した。児童・生徒の部の大賞(正美賞)は下地琉愛さん(平良中3年)、高校・一般の部の大賞(墨芸文化賞)は平良美佐恵さん。表彰式は14日午前10時から平良港ターミナルビルで、応募全作品と招待、交流作品計804点を紹介する展示会は19、20日に市未来創造センターでそれぞれ行われる。


 児童・生徒の部で大賞に輝いた下地さんの作品について審査員は「行書体の柔らかい筆使いの中にも力強さがあり、生き生きとした動きが感じられる」、高校・一般の部で大賞を受賞した平良さんの作品は「楷書体の点画をより強調し、最後まで一貫性のある落ち着いた作品。細かい疎密の筆のテクニックは見事」と高い評価を受けた。

 応募総数は児童・生徒の部654点(うち特別賞受賞者21人)、高校・一般の部63点(同18人)、特別支援の部点(同6人)の計764点だった。

 展示会はこれまで市中央公民館で開催されていたが、今回から市未来創造センターに会場を変更する。時間は19日が午前9時30分~午後6時、20日が午前9時30分~午後5時。

 同書道展は、作品発表の場を催すことで心技の向上を図るとともに、書道教育の発展に寄与することを目的に宮古毎日新聞社と書心会が毎年、開催している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年7月21日(日)9:00
9:00

キッチンカーグルメ満喫 「 ひらりんマーケット 」

ひらりんマーケット(主催・日本観光振興協会、宮古島市)が20日、平良港内のひらりん公園で開催された。会場には、たこ焼きやかき氷などキッチンカーが6台、アクセサリーなど物販が8店舗参加し、地元住民やクルーズ船観光客らがお目当ての商品を買い求めながら交流を楽しんだ…

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!