10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
スポーツ
2019年10月20日(日)9:00

宮古勢、3種目で頂点

1年男400リレー接戦制す
県中学陸上


宮古島市開催となった県中学陸上。1年男子400メートルリレーを制した宮古選抜アンカー・仲間(右から3人目)=19日、市陸上競技場

宮古島市開催となった県中学陸上。1年男子400メートルリレーを制した宮古選抜アンカー・仲間(右から3人目)=19日、市陸上競技場

 第61回県中学校陸上競技大会が19日、市陸上競技場で行われ、県内6地区の代表選手がトラック、フィールドの各種目で競った。宮古勢は鏡原3年の盛島稜大が共通男子のジャベリックスローと砲丸投げを制して2冠。1年男子400メートルリレーでも宮古選抜が優勝した。(7面に記録)


 県中学陸上の宮古島市開催は6年ぶり。県内各地の予選大会を突破した実力者が集い、頂点を争った。

 宮古勢は盛島が圧巻の投てきでジャベリックスロー2連覇を達成。記録は75メートル53だった。砲丸投げは12メートル53を投げて優勝を決めた。

 1年男子400メートルリレーを制したのは平良の川満琉亜、西城の西里凛空、下地の洲鎌大空、北の仲間拓輝の宮古選抜チーム。逆転で僅差のレースを制した。

 4走の仲間は「同着かなと思ったので結果を聞くまで不安だったけど、優勝できてうれしい」と話し、仲間と喜びを分かち合った。

 3走の洲鎌は「予選は僕からアンカーへのバトンパスが乱れたので決勝までに練習して修正した。それがうまくいった。勝てて本当にうれしい」と笑った。

 フィールドでは共通女子走り高跳びで平良2年の藤田愛海が1メートル51を跳んで3位に入った。ただ、本人は納得していない様子で「記録が悪いのがだめ」と反省しきり。「1メートル60は跳んでおきたかった。助走などの技術もそうだけど、精神的にまだまだだと思った。メンタルを強くして来年頑張りたい」と決意した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!