07/14
2024
Sun
旧暦:6月9日 友引 己 
社会・全般
2019年10月25日(金)8:59

子孫繁栄を祈願/来間島でヤーマスプナカ

子の健やかな成長祝う/きょう集落内パレード


ウプヤーの砂川さんは新生児を抱いて将来の活躍を期待した=24日、来間島

ウプヤーの砂川さんは新生児を抱いて将来の活躍を期待した=24日、来間島

 子孫繁栄を願う来間島の伝統祭祀(さいし)「ヤーマスプナカ」が旧暦9月26日の甲午(きのえうま)に当たる24日、2日間の日程で始まった。初日は、昨年のヤーマスプナカ以降に誕生した新生児を盛大に祝った。25日午後2時からは集落内でパレードが行われる。この祭祀は市指定無形民俗文化財。


 島の始祖は三兄弟とされる。長男がスムリャー(下家)、次男がウプヤー(大家)、三男がヤーマスヤー(家増す家)と

東京から参加した竹田夫婦と新生児の健人ちゃん=来間島

東京から参加した竹田夫婦と新生児の健人ちゃん=来間島

呼ばれる本家で、それぞれ本家には親族の関係者らが集った。 

 各本家では「サスの主」が「サラピャース」を歌い、続けて参加者が復唱しながら神酒を振る舞った。回し飲みで喜びを分かち合った。

 本家のうち、ウプヤーの本家である砂川輝夫さん(82)宅は大勢の関係者でにぎわった。

 父母が新生児を抱いて、酒とごちそうを持ってウプヤーに届け「マスムリ」という儀式を行った。

 佐久田滉大さん(24)と愛美さん(同)の夫婦は今年4月に生まれた次男の春璃ちゃんと一緒に参加した。

 砂川さんは春璃ちゃんを抱いて「これからは一生懸命に成長し、人のために世のために活躍してください」と期待を込めた。

 愛美さんは「皆さんがマスムリを快く引き受け、ありがたい」と満足そうに話した。

 本土出身で東京で暮らす竹田泰章さん(44)と妻の美代さん(33)は、今年6月に誕生した長男の健人ちゃんと一緒に訪れた。

 美代さんは「健人ちゃんの健やかな成長を願うために訪れた」と晴れやかな表情で語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!