10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
社会・全般
2019年10月26日(土)8:56

島全体で繁栄願う/来間島ヤーマスプナカ

棒振りなどで盛大にパレード


五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄を願って勇ましい棒振りが披露された=25日、来間島

五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄を願って勇ましい棒振りが披露された=25日、来間島

 下地来間島の伝統行事「ヤーマスプナカ」は2日目の25日、集落内を練り歩くパレードが行われ、島の人々が棒踊りや奉納踊りで、向こう1年間の無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)などを祈願した。

 パレード後は「雨乞い座」と呼ばれる広場で、3兄弟の一族が島の繁栄を祈願する棒振りを披露するなど盛大に祝宴を催し、島のさらなる発展と子孫繁栄を願った。

 あいさつで、大浦邦夫自治会長は「今回、新たに生まれた子供はスムリャーブナカ2人、ウプヤーブナカ3人、ヤーマスヤーブナカ5人で総勢10人の子宝に恵まれた。これからも、歴史と伝統を守り、ヤーマスウガンの灯を絶やすことなく継承していくことが私たちの使命。ぜひ、皆さんの支援と協力をお願いしたい」と話した。

 パレードでは、島民や観光客らが沿道に訪れ、3兄弟の長男スムリャーブナカ、次男ウプヤーブナカ、三男ヤーマッシャーブナカの順に勇ましい棒振りが披露されると、大きな拍手が送られた。

 雨乞い座での祝宴では、女性たちが華やかな衣装に身を包み、優雅な踊りを披露。来間小学校の児童も息の合ったエイサーを踊って、祭りに花を添えた。

 ヤーマスプナカのパレードは、喪中の家が多いことなどを理由に一時途絶えたが、昨年3年ぶりに復活して今年も盛大に開催され、関係者を喜ばせた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!