10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
社会・全般
2019年10月31日(木)8:55

職員200人が消防訓練/県宮古合同庁舎

防災意識を高める


消火器の使用訓練を行う県職員。防災意識を高めた=30日、県宮古合同庁舎

消火器の使用訓練を行う県職員。防災意識を高めた=30日、県宮古合同庁舎

 県宮古合同庁舎で30日午前、消防訓練があり、職員約200人が消火器の使い方を確認したり、要救助者の搬送方法を実践したりして防災意識を高めた。

 毎年1回行っている全体訓練で、県宮古合同庁舎の全職員が対象になる。庁舎3階の給湯室で火災が発生したことを想定し、放水や避難、要救助者の搬送を訓練して災害に備えた。

 避難を終えると消火器の使い方を再確認。防火管理者の下地努県宮古事務所総務課長が説明し、実際職員に使わせながら使用手順を共有した。

 要救助者の効率的な運び方も実践で習得した。

 終了式で下地課長は「少し避難、誘導に時間がかかっている。災害時の円滑な避難に向けて意識を高めたい」と総括した。

 自衛消防隊長を務める同事務所の稲福具実所長も「緊迫感に欠けるところがある」とし、「災害時は予測できないことが起こるものだ。こういった訓練を通して防災体制を整えていきたい」と講評した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!