10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
教育・文化
2019年11月1日(金)8:58

兼本さん(多良間小4年)らに賞状

JTA・RAC図画コン


優秀賞の兼本さん(右から2人目)と佳作の嘉手苅さん(同3人目)に賞状が贈られた=10月30日、多良間小学校

優秀賞の兼本さん(右から2人目)と佳作の嘉手苅さん(同3人目)に賞状が贈られた=10月30日、多良間小学校

 第37回JTA・RACあおぞら図画コンクールの表彰伝達式が10月30日、多良間小学校(與那覇盛彦校長)で行われた。琉球エアーコミューター(RAC)の大城博運航部長から最優秀賞の兼本有梨奈さん(4年)と佳作の嘉手苅明葉さん(同)に賞状が手渡された。


 伝達式で大城部長は「子どもたちが図画制作を通じて住んでいる島の良さに気付き、周りや自然に心を配れる人、感受性豊かな人、島を誇りに思う人に育ってくれればという願いを込めてコンクールを実施している」と話し、「37期にわたって開催されてきたのは小学生の皆さん、保護者、先生たちの指導と協力のおかげ。これからも子どもたちの育成に協力していくので頑張ってほしい」とあいさつした。

 兼本さんは「海の色を1色ではなく、いろいろな色を使った。人の肌の色も、朝、昼、夜の色に工夫した」、嘉手苅さんは「空の背景の色、洋服の色を工夫した。下書きをうまく描けたことが良かった」とそれぞれ話した。

 與那覇校長は「色の使い方、人の表情が上手に描けている。多良間島の自然、生活を描くことは今しかできない。今後もたくさんのことにチャレンジして頑張ってほしい」と激励した。
 2人の絵は11月に沖縄本島で開催される離島フェアと宮古空港で展示され、年明けの1月には多良間空港でも展示される。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!