09/29
2022
Thu
旧暦:9月4日 赤口 乙 
社会・全般
2019年11月8日(金)8:58

宮古で実践活動や討議

きょう県公民館研究大会


大会の成功に向け意気込みを示す田端会長(左)ら主催者=7日、教育長室

大会の成功に向け意気込みを示す田端会長(左)ら主催者=7日、教育長室

 第49回県公民館研究大会宮古大会が8日、市未来創造センターで行われる。主催する県公民館連絡協議会の田端一正会長らが7日、市教育委員会に宮國博教育長を訪ね、受け入れや協力に感謝するとともに、大会の成功に向け意気込みを話した。県内6地区の持ち回りで開催されており、宮古大会は6年ぶり。


 同大会は県内各地の公民館や生涯学習、社会教育などに携わる関係者ら約250人が参加し、公民館の在り方や諸問題の解決に向けて研究討議を深め、今後の活動の充実と発展を図る。

 大会テーマは「地域の特性・人材・文化を生かす公民館活動を目指して」。

 開会行事の後、「人と人をつなぐ笑いヨガ~笑いで健康と幸せを~」を演題に平良慶子さん(笑いヨガ国際認定ラフターヨガティーチャー)が講演するほか。三つの分科会に分かれてそれぞれのテーマに沿った実践発表や討議を行う。

 田端会長は「地域や時代とともに公民館活動も変化しているが、地域力を高めるためには公民館活動は必要。宮古大会が地域活性化につながるよう、市に還元できるような大会にしていきたい」と意気込みを話した。

 宮國教育長は「少子高齢化など、公民館活動を取り巻く環境も変わってきている。学びの拠点として、時代にマッチした活動を取り入れる必要がある」と大会の成功に期待した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!