09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
社会・全般
2019年11月12日(火)8:56

【行雲流水】未来への岐路

 宮古には今、心配事が山積している。そのことについて、いろいろな団体や個人が発言をしている。一つには観光ブーム、もしくは観光バブルについてである


▼観光業の経済効果は大きいが、地域の許容範囲を超える、いわゆる「オーバーツーリズム」には問題がある。沖縄観光コンベンションビューロー会長の下地芳郎氏は「観光は県民の幸せにつながらなければならない」と語っている。しかし、宮古の場合、家賃は以前の約2倍、東京並みだと言われるが、賃金は低いままで、市民にとって住みづらい社会になっている

▼関連して、垣花恵子氏は生命と水の根源的な関わりを「水の記憶」に書き、水不足と水の汚染は生命を脅かす最たるものであると書いた。また、「命の水を守ろう」講演会・シンポジウムが開催され、3名の専門家は「観光による水不足と、基地が地下水に及ぼす危険性」について警鐘を鳴らした

▼保良自衛隊弾薬庫建設反対集会では住民代表の下地博盛氏が反対する理由を述べ、軍事評論家の小西誠氏は「有事の際はもちろん平時でも火災の可能性がある。生活圏の近くに弾薬庫を置くこと自体がおかしい」と述べている

▼そもそも、「アメリカは大規模な戦争の脅威を回避するため中間ステップとして制限戦争に入るという構えである。アメリカにとってはともかく、その舞台にされる第一列島線上(奄美、沖縄)の方はたまったものではない」(三上智恵・元琉球朝日放送キャスター、映画監督)▼どんな未来になるか。宮古はいま重要な岐路にある。(空)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!