07/23
2024
Tue
旧暦:6月17日 仏滅 丁 大暑
社会・全般
2019年11月12日(火)8:58

「地域発展に活用を」

沖糖が市に5000万円寄付


西平社長(左)と前専務の砂川さん(同3人目)から下地市長(同2人目)に寄付金が贈呈された=11日、市役所平良庁舎

西平社長(左)と前専務の砂川さん(同3人目)から下地市長(同2人目)に寄付金が贈呈された=11日、市役所平良庁舎

 沖縄製糖の西平経史社長ら一行が11日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を表敬訪問し、8月の株主総会で新体制となったことを報告するとともに、同総会で退任した前会長の竹野一郎相談役からと新体制となった同製糖からの高額の寄付金を下地市長に贈呈した。


 今回の寄付は、竹野前会長から3000万円。新体制をスタートさせた沖縄製糖から2000万円の合計5000万円。

 竹野前会長からの寄付にについて、8月の株主総会で専務を退任した砂川玄悠さんが「竹野前会長からは、長期間にわたって宮古島市には大変お世話になったという感謝の気持ちを表したいとの思いがあり、今回の寄付となった。島の発展のために活用してほしいとの気持ちをぜひ受け止めて有効活用をしてほしい」と呼び掛けた。

 新体制をスタートさせ意気込みを示した西平社長も「私たちは製糖業なので、島のサトウキビ産業の振興発展と農家のためにこの寄付金を有効に活用してほしい」と話した。

 寄付金を受け取った下地市長は「沖縄製糖が新しい体制を整えて、スタートすることをうれしく思う。宮古は製糖会社が二つあり、ぜひ、これからも沖縄製糖が積極的に農家のために頑張ってくれることを期待しているし、市としても皆さんと一緒にサトウキビ農家支援を進めていきたい」と話し、寄付金の贈呈に感謝した。 


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年7月21日(日)9:00
9:00

キッチンカーグルメ満喫 「 ひらりんマーケット 」

ひらりんマーケット(主催・日本観光振興協会、宮古島市)が20日、平良港内のひらりん公園で開催された。会場には、たこ焼きやかき氷などキッチンカーが6台、アクセサリーなど物販が8店舗参加し、地元住民やクルーズ船観光客らがお目当ての商品を買い求めながら交流を楽しんだ…

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!