10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
産業・経済
2019年11月15日(金)9:00

生産量29万5600㌧見込む/19-20年産サトウキビ

2期連続30万㌧割れか/台風相次ぎ、生育が鈍化


2期連続で30万㌧を割り込むことが見込まれている19-20年産サトウキビ=14日、宮古島市内

2期連続で30万㌧を割り込むことが見込まれている19-20年産サトウキビ=14日、宮古島市内

 宮古地区(宮古島市、多良間村)の2019-20年産サトウキビの生産見込み量が29万5680㌧になることが製糖各社の調べで分かった。上積みがなければ2期連続で30万㌧を割り込む。増えない要因は気象災害だ。強い台風による葉の裂傷で青葉の回復と展開に時間を要し、生育旺盛期の茎伸長が鈍化した。

 19-20年産は、当初順調な生育を見せ、台風がない8月までは増産が見込まれていた。だが、同8日に台風9号の暴風域に長時間巻き込まれ、9月5日には13号が直撃。同21日にも17号が接近した。そのたびにサトウキビの葉がちぎれる裂傷被害が発生した。

 頻発した台風で青葉の回復と展開に要する時間を確保できなかったほか、塩害が追い打ちを掛けた。この影響で、9月上旬から10月上旬にかけての1カ月は茎の伸長がほぼ止まるほど生育が阻害されたという。

 今のサトウキビの品種は穂が出ないタイプがほとんどで、茎は伸び続ける。このため、今後の気象条件と収穫期の適宜調整で一定程度の増産は見込めるが、各社が立てた予想量を大きく上回る期待は小さい。

 各工場の今期生産見込み量は、宮古製糖城辺工場が前期実績より3808㌧少ない9万2600㌧、同伊良部工場は同比2141㌧増の5万2000㌧、同多良間工場は前期並みの2万4880㌧、沖縄製糖宮古工場は前期実績比4175㌧増の12万6200㌧。

 地区全体の生産量は前期並みが予想され、30万㌧に届くかどうかは今後の気象条件に左右されそうだ。

 19-20年期製糖操業は12月9日、宮糖多良間工場を皮切りに始まる。同伊良部工場は同月19日、同城辺工場は来年1月7日に開始する。沖糖宮古工場は現段階で未定だが、年内操業を実施する可能性は低い。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!