10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
政治・行政
2019年11月20日(水)9:00

与党市議、棚原氏擁立へ/来年の県議選

本人も出馬に意欲

 来年6月に予定されている任期満了に伴う県議会議員選挙で、市議会与党議員団は市議の棚原芳樹氏(56)を擁立する方針であることが分かった。棚原氏は出馬に強い意欲を示しており、宮古毎日新聞社の取材に「(出馬は)99%は固まっているようなもの」と述べた。一方で、保守系で現職の座喜味一幸氏(69)は県議選について「コメントしません」としている。

 棚原氏は、現職の座喜味氏が立候補すれば、前回同様、保守分裂の可能性があることについて「そうなったらそうなったでお互いに頑張るしかない。そうなった場合の覚悟は決めているつもりだ。ただ、やはり(一本化への)理解と協力は求めていきたい」と述べた。

 座喜味氏を支持しない理由について与党市議の一人は、2017年の市長選で、自民県連が現職の下地敏彦氏に推薦状を交付したにもかかわらず、座喜味氏が別の候補者を支持したことを指摘。「これまで保守本流として自民党県連の要職も務めてきたのに、市長選では『市政刷新』を掲げて別行動したことが大きな理由になる」と述べた。

 市長選前の16年に行われた県議選では、革新勢力は新人で前市議の亀濱玲子氏を擁立。保守系は現職で3期目を目指す座喜味氏と、元市議で新人の嘉手納学氏が立候補し、三つどもえで行われた。

 保守系は候補者を一本化できずに分裂。選挙結果は保革が1議席ずつを分け合った。

 棚原氏の擁立については、21日に開かれる自民党宮古支部の会合で正式決定される見通し。

 革新勢力で現職の亀濱氏は県議選への出馬について「支えてくれている周囲の人たちの意見を聞いた上で判断したい」と述べている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!