10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
産業・経済
2019年11月20日(水)8:55

視察活動で知見広げる/肉用牛経営者会議

競りや繁殖用畜舎回る


荷川取さんの畜舎を視察し離島の繁殖経営に関する知見を広げた=19日、下地川満

荷川取さんの畜舎を視察し離島の繁殖経営に関する知見を広げた=19日、下地川満

 肉用牛の現地研究会で宮古島市を訪れている全国肉用牛経営者会議のメンバーは19日、競り市場や繁殖農家の畜舎を回り、沖縄の離島における繁殖経営の実態について知見を広げた。

 一行は同日朝、JAおきなわ宮古家畜市場の11月期肉用牛競りを視察した。素牛(子牛)の状態と競り値をチェックし、取り引きの実態を肌感覚で吸収した。

 市場視察の後は、繁殖経営農家の畜舎を回った。初めに宮古和牛改良組合の組合長を務める荷川取広明さんの畜舎を訪れ、母牛頭数や暑さ対策などの質問を浴びせながら本土の飼養管理とは違う現状に触れた。

 肉用牛の一貫経営を手掛けている佐古保会長は一連の視察を終え、「正直、宮古島の牛のレベルの高さに驚いた」と話し、競り上場牛の系統の良さを開口一番に挙げた。「全体的に良い牛という印象で、購買者のニーズに合った系統をそろえている」と評価した。

 一方で、「良い牛とそうでない牛の差が比較的大きく感じた。それがそのまま値段に表れている」と改善点を指摘するとともに、素牛産地としての伸びしろの大きさを強調した。

 現地研究会の宮古島開催は初めて。栃木、岐阜、広島、島根、鹿児島の各県の肉用牛経営者らが参加しており、18日に始まった。同日は市の担当者から肉用牛生産に関する現状説明を受けた。20日、帰路に就く。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!