07/23
2024
Tue
旧暦:6月17日 仏滅 丁 大暑
産業・経済
2019年11月22日(金)9:00

宮古島漁協 車エビを初出荷/豊洲市場などへ200キロ

今期30トン余、1億4000万円見込む


宮古島の海で育った新鮮な車エビ200キロが豊洲市場など全国各地に発送された=21日、車エビ養殖場

宮古島の海で育った新鮮な車エビ200キロが豊洲市場など全国各地に発送された=21日、車エビ養殖場

 今回で25周年を迎える宮古島漁協(儀保正司組合長)の車エビ初出荷式が21日、同漁協車エビ養殖場(高野漁港)で行われた。式には下地敏彦市長や県の担当職員など関係者が参加。この日、東京の豊洲市場など全国各地の市場に向けて出荷される200キロの車エビを万歳三唱で見送った。今期の養殖車エビは生産量30トン以上を見込み、売上げも1億4000万円を見込んでいる。

 車エビ養殖事業は1995年にスタートし、今年で25年を迎えた。例年出荷のピークは12月ごろになり、ピーク時には1日400キロが全国に向け出荷される。

 この日、化粧箱に入れられた生け車エビは仮死状態で初出荷され、見送った参加者らは、安全輸送と高値取引に期待を込めた。

 セレモニーで儀保組合長は「今年もこうして宮古島産の元気でおいしい車エビを全国に送り出すことができてうれしく思う」とあいさつした。

 また、下地市長も「今期は計画通りの30トンを見込んでおり喜んでいる。今年は飼育環境もより充実させ、大切に車エビを育ててきたと聞いている。この車エビを食べた人たちはその味を楽しみながら、美しい宮古島を思い浮かべることになると思う。市としても安心安全の車エビ生産のためにしっかり頑張りたい」と祝辞を述べた。

 この日は、豊洲市場のほか、大阪、名古屋、福岡にも新鮮な宮古島産の車エビが発送された。

 式後には、参加者らに生け車エビの料理が振る舞われ、新鮮な生の車エビに「宮古の車エビはやっぱりうまいね」「最高の味」などの感想が聞かれた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年7月21日(日)9:00
9:00

キッチンカーグルメ満喫 「 ひらりんマーケット 」

ひらりんマーケット(主催・日本観光振興協会、宮古島市)が20日、平良港内のひらりん公園で開催された。会場には、たこ焼きやかき氷などキッチンカーが6台、アクセサリーなど物販が8店舗参加し、地元住民やクルーズ船観光客らがお目当ての商品を買い求めながら交流を楽しんだ…

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!