01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
産業・経済
2011年1月6日(木)9:00

ケブカ被害、拡大傾向

キビ収穫後のロータリー徹底を


立ち枯れ状態のサトウキビ。被害の拡大が懸念されている=5日、市内

立ち枯れ状態のサトウキビ。被害の拡大が懸念されている=5日、市内

 サトウキビ土壌害虫ケブカアカチャコガネの被害が宮古全域で拡大傾向にある。関係機関では例年以上に多いサトウキビの立ち枯れを警戒しており、収穫後のロータリーによる砕土を生産農家に呼び掛けている。昨年暮れには一部牧草地での被害も確認。被害の程度や侵入の経路は調査中だが、畜産農家に与える影響が懸念される。



 ケブカアカチャコガネは、地中にいる幼虫がサトウキビの根を好んで食害する。地表のサトウキビは成長を阻害されて立ち枯れ、生産物としての価値を失う。被害は月から翌年3月にかけて発生している。

 宮古地区病害虫対策協議会は昨年11~12月に宮古本島と伊良部島で被害調査を実施。宮古本島で20、伊良部島で16のほ場を部分的に掘り返して調べた。この結果、全体の捕獲頭数の95%以上がケブカアカチャコガネの幼虫で残りはアオドウガネの幼虫だった。

 牧草地での被害は昨年12月に確認。県病害虫防除技術センター宮古駐在が現地調査して枯れた牧草の付近を掘り起こしたところ、ケブカアカチャコガネの幼虫が大量に付着していたという。

 同協議会では幼虫が浅い地中にいる間の3月初旬までにほ場を砕土して駆除するよう呼び掛けている。これで幼虫の約75%を駆除できるという。3月中旬以降は幼虫が地中深くに潜るため、ロータリーのやいばが届かず駆除効果は低下する。

 砕土以外の駆除方法として、性フェロモンを使用した実証試験が行われている。雌の性フェロモンで雄をおびき寄せて成虫の交信をかく乱、交尾を阻害して幼虫の発生を抑えるという駆除方法だ。実証試験ではすでに成果を挙げており、農薬としての実用化が検討されている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!