09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
教育・文化
2019年12月3日(火)8:56

3個人、1団体を表彰/県文化協会賞授賞式

地域文化の発展に寄与


表彰状を手に笑顔を見せる(左から)波平重夫さん、佐渡山政子さん、仲地清成さん、與那城美和さん=1日、豊見城市中央公民館

表彰状を手に笑顔を見せる(左から)波平重夫さん、佐渡山政子さん、仲地清成さん、與那城美和さん=1日、豊見城市中央公民館

 【那覇支社】県文化協会(仲田美加子会長)が主催する「県文化協会賞授賞式」が1日、豊見城市中央公民館で開催された。宮古島市からは、佐渡山政子さん(功労賞・文芸)、仲地清成さん(功労賞・文芸、写真)、與那城美和さん(奨励賞・芸能)の個人3人と、宮古民謡保存協会(喜屋武稔会長)に団体賞が授与された。

 同協会賞授賞式は、県内各市町村などの文化協会で文化活動に尽力した人たちの功績をたたえるとともに、後進育成に寄与する活動を奨励するために毎年、開催されている。

 式典で、仲田会長は「皆さんの地域に根ざした活動は、各地域で文化活動を活性化することに大きく尽力した。その功績をたたえたい」と述べた上で、「本協会としては、地域連携を密にする活動を今後も強化し、沖縄全体の文化発展に寄与していきたい」と意気込みを語った。式典では、団体受賞者を代表して宮古民謡保存協会の波平重夫副会長があいさつした。

 式典後、佐渡山さんは「平良市文化協会のころから関わってきたが、これまでは式典に受賞者のお供で来る役割だった。受賞者席に座れるとは思いもよらなかった。これまで以上に活動を頑張りたい」と喜びを語った。

 仲地さんは「新聞のコラムなどを通じて、地域活動を応援してきたことが認められたのだと思う。この受賞を心から喜んでいる」と話した。

 與那城さんは「思いがけない受賞に驚いている。母から教わった大好きな歌を歌っているだけで、とても感激している。宮古島の古謡の素晴らしさをあらためて感じた」と述べた。

 波平さんは「保存協会が団体表彰を受けて、本当に感激している。宮古民謡を後世に残していくため、今後も、一生懸命、歌い継いでいきたい」と語っていた。



カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!