10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
政治・行政
2019年12月4日(水)8:57

歳入、前期比0・3%増/18年度市町村決算

宮古島市、低い財政力


市町村決算

市町村決算

 【那覇支社】県企画部(宮城力部長)は3日までに、2018年度市町村決算の普通会計分を発表した。県内41市町村の歳入総額は、地方税や地方債、地方消費税交付金等の増加で前年度比0・3%増の7901億円、歳出総額は扶助費や物件費等の増加により同0・3%増の7595億円となった。歳入では、地方債が同9・0%増と高い伸びを示した。

 宮古島市は、「財政のやりくり」を示す実質単年度収支では県内11市中2位となる一方、「自治体の財政力」を示す財政力指数では最も低くなった。同指数では、企業が集積する那覇市などが高い値を示している。

 また、標準財政規模では糸満市や石垣市の1・4~1・5倍、地方債現在高で両市の1・8~2・1倍となった。一方で、積立金現在高も両市の2・6~7・4倍だった。

 県内41市町村全体の歳入のうち、地方税収入は個人住民税や固定資産税などが増えて前年度比4・2%増の1767億円。地方交付税は地方税の増により同3・5%減の1363億円、都道府県支出金は一括交付金の減などで同7・0%減の1059億円だった。地方債は、小中学校の施設改築などで同9・0%の539億円。

 市町村全体の歳出では、義務的経費のうち人件費が職員給与の増で同1・9%増の973億円。扶助費は、子どものための教育・保育給付など社会保障関係費の増により同3・1%増の2168億円だった。投資的経費は、小中学校等の改築事業、市町村道整備事業等の完了で同8・5%減の1330億円となった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!