06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
産業・経済
2011年1月7日(金)9:00

乗降客数は109万2500人/10年宮古空港

前年比4万2900人増加


 宮古空港の2010年の乗降客数は前年比4万2968人(4・1%)増の109万2553人となった。市建設部空港課が6日までにまとめた。前年比増加は、06年以来4年ぶり。観光客が客数全体の約7割を占めている。


 日本トランスオーシャン航空(JTA)宮古営業所は増加の要因に①宮古島観光協会の積極的な誘客活動②島田紳助さんのテレビ番組による宮古島の知名度アップ③9月の東京直行便増便④新イベント開催-などを挙げている。

 観光協会は昨年、本土の関西から中部、関東、東北にかけた各旅行会社の支店約150カ所を訪ね、宮古島を売り込んだという。

 宮古島を舞台にした紳助さんの番組は、4月に始まった。民宿経営を通して、島の自然や素朴な人柄、郷土料理などを紹介し、島のPRに一役買っている。レンタカー事業所の職員は「客の約7割から、民宿『夢来人』の場所を聞かれる」と話した。

 前年と比べた月別の客数は1~10月まで増え、11、12月は減った。

 夏休み観光シーズンの7~9月は、10万人を超えた。7月の第1回マンゴーまつりは観光客も訪れ、盛況だった。

 月別の前年比増加率は10月の10・3%(8752人)が、最も大きかった。同月には第1回宮古島マラソンが開催された。

 ロックフェスティバルとツール・ド・宮古島が開催された6月は、同比4771人(5・8%)増の8万6460人だった。

 9月の東京直行便増便の際は、JTAと観光協会がタイアップして「グルメ選手権」などの誘客イベントを展開した。同月は同比7895人(8・5%)の伸びとなった。

 オリックスがキャンプを張る2月は、同比3234人(4・0%)増の8万3373人。トライアスロンの4月は、8万3325人(同比1・3%増)だった。

 宮古の観光客は以前まで夏場に集中していたが、近年は冬から春にかけて▽八重干瀬まつり(4月)▽トライアスロン(同)▽ミュージックコンベンション(5月)-など各種イベントの支えもあり周年型に変わりつつある。

 路線別の乗降客数は那覇-宮古が全体の約8割を占める87万1411人。東京-宮古10万3651人、宮古-石垣7万5103人、宮古-多良間2万8884人となった。

 一般貨物は1万817㌧で、前年比1577㌧(12・7%)減った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!