10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
スポーツ
2019年12月14日(土)8:56

全盲の伊良波さん県制覇/サウンドテーブルテニス

九州大会出場へ


宮古代表として出場し、見事優勝した伊良波さん=13日、市社会福祉協議会平良支所

宮古代表として出場し、見事優勝した伊良波さん=13日、市社会福祉協議会平良支所

 このほど浦添市のサン・アビリティーズうらそえで行われた第34回県視覚障害者サウンドテーブルテニス大会(主催・県視覚障害者福祉協会)に宮古代表として出場した伊良波克子さん(全盲)が、個人の部で優勝した。伊良波さんは13日、市社会福祉協議会平良支所で会見し、優勝の喜びと来年10月に出場する九州大会への意気込みを語った。

 サウンドテーブルテニスを初めて8年の伊良波さん。大会には3年連続で出場し、昨年は準優勝だったという。「宮古島代表として出場し、初めて優勝できてとてもうれしいが思った以上に打てなかったのが心残り」と振り返った。

 試合は4回勝てば優勝となる。1回戦と準決勝、決勝はストレート勝ちだったが、2回戦で当たった相手は前回の優勝者。「負けられない」と緊張したが日ごろの練習の成果を発揮し、フルセットまでもつれ込みながらも何とか勝利した。2回戦を勝ったことで、「優勝までいける」と思ったという。

 九州大会に向けて週2回1日2時間の練習を実施しており、「去年も九州大会に出場したが(今のままでは)通用しないと感じた。沖縄の選手はサーブが弱いため、サーブの練習をずっとしている。九州ではベスト8を目指していく」と意気込みを語った。

 伊良波さんの優勝を受け、市視覚障害者福祉協会の洲鎌邦夫会長は「県の代表として九州大会ではしっかりと頑張ってほしい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!