10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
スポーツ
2019年12月17日(火)8:58

男子久松、女子南V/全宮古駅伝

学区対抗で健脚競う


2年ぶり優勝のゴールに飛び込む男子久松のアンカー・下地亮太=15日、市陸上競技場

2年ぶり優勝のゴールに飛び込む男子久松のアンカー・下地亮太=15日、市陸上競技場

 上地伸栄旗第69回全宮古駅伝競走大会・立津工芸社旗第12回全宮古女子駅伝競走大会(主催・市陸上競技協会)が15日、市陸上競技場を発着点とする男子11区間39キロ、女子7区間13キロで争われ、男子は久松が2時間17分10秒で優勝、女子は南が51分37秒で制した。

 大会には男子15学区、女子11学区がエントリー。市陸上競技場を出発し、北海岸線を走るコースでそれぞれ健脚を競い合った。

 男子優勝の久松は、1区平戸凰雅が1着で上々の滑り出しを見せたが、2~3区で順位を落とす。その間は西城に先頭を譲った。

 最下8位まで着順を下げた久松だが、後半に入ると層の厚さを発揮。5区から順位を上げ、7区伊佐孝明が区間賞の走りでトップを奪うと、続く8区與那嶺恭兵も連続区間賞で後続を引き離し、勝負を決めた。

 一方の女子は南が圧勝のレースを見せた。7人のうち6人が区間3位以内の走りで寄せ付けず、2位西辺に約2分の大差を付けて5度目の優勝を飾った。

 区間新は一つ。男子の5区(5キロ)を走った福嶺の源河開偉が16分を切る15分38秒の快走を見せ、従来の記録を27秒更新した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!