10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
社会・全般
2019年12月17日(火)8:56

建設の進捗立は25・8%/宮古空港施設増築工事

来年9月の供用開始へ


順調に工事が進められている施設増築工事=16日、宮古空港

順調に工事が進められている施設増築工事=16日、宮古空港

 大幅に増えている観光客に対応するため、搭乗待合室などを拡張する増築工事を進めている宮古空港ターミナル(下地義治社長)は16日、11月末現在における同工事の建築、電気、機械それぞれの進捗(しんちょく)率を発表した。それによると、建築は25・8%、電気は15・2%、機械は31・0%となっている。

 今回の増築工事では、ターミナルビルの西棟となる搭乗待合室側の1階部分を661平方メートル、2階部分を550平方メートル、東棟となる到着口手荷物引き渡し場側の1階部分を190平方メートル、2階部分を159平方メートル増築する。

 今後の工事予定については、待合室が来年1月に地下タンク設置や内装工事などを予定している。

 手荷物引き渡し場は、同1月にエスカレーター設置と内装工事、同4月にはベルトコンベアの改修などを予定している。

 同空港ターミナルの川満勝也専務は「今年は台風が多かったことで工事に若干の遅れはあるものの、全体的には順調に進んでいることから、来年9月には予定通り供用開始できると思う」と話した。

 今回の増築工事により、西棟2階搭乗待合室の座席数は現在の410席から160席増えて570席となる。

 また東棟1階の手荷物引き渡し場では手荷物が運ばれてくるターンテーブルが現在の33・6メートルから約14メートル延伸され、対応能力が強化される。

 工期は2020年8月末までで、事業費は全体で約8億3700万円。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!