10/28
2021
Thu
旧暦:9月23日 先勝 己 
産業・経済
2019年12月20日(金)9:00

キビ操業を開始/宮糖伊良部工場

平均糖度13・36度/まずまずの滑り出し


安村社長(左から3人目)らによるベルトコンベヤーへのキビ投入で本格操業が開始した=19日、宮古製糖伊良部工場

安村社長(左から3人目)らによるベルトコンベヤーへのキビ投入で本格操業が開始した=19日、宮古製糖伊良部工場

 宮古製糖伊良部工場(渡久山和男工場長)の今期操業が19日始まり、初日は386トンの原料サトウキビが搬入され、平均糖度は13・36度と、まずまずの滑り出しとなった。操業開始式で、宮古製糖の安村勇社長、下地敏彦市長(代理)ら関係者は陸上・海上の無事故・無災害を願った。

 2019-20年産キビの収穫面積は970ヘクタール、原料処理量は前期と比べ約2000トン増の5万2000トンを見込む。トン当たりの平均価格は2万1209円。

 この日の糖度は最高が16・50度、最低10・20度。基準糖度帯の13・1度以上は65%を占めた。操業日数は3月末までの100日超を予定。

 開始式のサトウキビ投入では、安村社長、下地市長(代理)、宮古農林水産振興センターの長崎祐二所長、宮古地区トラック事業協同組合の奥濱貞夫組合長らが参加。一斉にベルトコンベヤーに向かってキビ束を投げ込んだ。圧搾機が本格稼働し、製糖操業の幕開けを告げた。

 次いで安村社長らによる鏡開きで景気づけた。

 安村社長は、県、市、農家に感謝の言葉を述べた上で「農家が丹精を込めて育てたキビなので、限りなく糖分を回収する。操業期間中は無事故・無災害のノンストップでやっていく。農家の努力に報いたい」と述べた。

 下地市長(代読・松原清光市農林水産部長)は「今後の農家所得の向上につながる各施策に取り組んでいく」と強調した。

カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!