06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
社会・全般
2019年12月24日(火)8:59

親子で宮古凧づくり

竹で骨組み、三角羽根も/大空舞う姿想像し


伝統の宮古凧づくりに挑戦する親子=22日、宮古青少年の家

伝統の宮古凧づくりに挑戦する親子=22日、宮古青少年の家

 親子宮古凧(たこ)作り教室(主催・宮古ライオンズクラブ、宮古青少年の家)が22日、宮古青少年の家で行われた。14組38人の親子が参加。竹を使った骨組みから、紙貼り、糸張りまでを行い完成させた。参加者は、凧作りを通して親子の絆を深めるとともに、新年の空に高く舞い上がる手作り凧を頭に描いた。

 宮古凧は長方形で、凧の左右に黒い三角形の紙を羽根のように張ることや、凧の裏側に骨を固定する正方形の紙を張ることが特徴。空に揚げると「ブィーン」と音を立て、鳥のように見えることから方言で「カビゥトゥ(紙の鳥)」と呼ばれている。

 この日作った凧は、来年1月12日に平良港のトゥリバー地区で開催される「第30回新春親子凧揚げ大会」(主催・宮古ライオンズクラブ)で揚げられる予定。

 参加者は講師の砂川玄栄さん、親泊宗二さんの指導を受けながら、古くから伝わる伝統の凧作りに挑戦した。

 平戸新也さん(48)は息子の敦己君(7)と前回に続いての参加。新也さんは「伝統文化を覚えたいけど難しい。宮古凧は引きが強く、ひもを通して風を感じる。前回の凧揚げ大会では凧の骨が折れて、あまり揚がらなかった。今回はそのリベンジになる」と笑顔だった。

 講師の砂川さん(70)は「子どものころは正月と言えば凧揚げだった。今のように道具がなく、のりの変わりにご飯粒、糸張りの穴は線香を使って開けていた。そういえば尻尾は細長いつるの植物を付けていた」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!