10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
社会・全般
2019年12月25日(水)8:59

サンタがやってきた

西辺小児童にプレゼント
川崎さん、3年ぶり


3年ぶりにやってきたサンタさんに子どもたちは大喜びだった=24日、西辺小学校

3年ぶりにやってきたサンタさんに子どもたちは大喜びだった=24日、西辺小学校

 赤い服と黒い靴。そして真っ白な長いひげ。西辺小学校の児童に愛されているサンタクロースが3年ぶりにやってきた。平良大浦に住む川崎勝喜さん(76)がその人だ。クリスマスイブの24日、お菓子を詰め込んだ白い大きな袋を背負って来校。子どもたち全員にプレゼントを贈り、その表情を笑顔で満たした。


 川崎さんは2008年に新潟県から移住。以来、西原集落の行事には積極的に参加するなど地域にすっかり溶け込んでいる。

 新潟県では、コンビニエンスストアのオーナーをしていたといい、サンタクロースの格好をするようになったのはこのころ。買い物客に好評だったことを思い出し、移住後すぐに西辺小児童の前でサンタクロースに扮(ふん)してプレゼントを贈るようになった。

 ここ数年は少しお休みしていた川崎さんだが、今年は元学校教諭で西原在住の本村邦彦さんの協力を得ながら再開。新潟県にいたころから愛用していた特注の衣装に身を包み、今年5月から伸ばし始めた長さ10センチ超の白ひげを風になびかせながら学校を訪れた。

 そんな川崎さんが教室に現れると子どもたちは大興奮。「来た~!」「待ってたよ!」と大喜びで、久しぶりにやってきたサンタさんを大歓声で出迎えた。

 子どもたちを前に川崎さんは「いつも一緒のトナカイは体調を崩して動物病院に入院しているんだ。そりも雪が降らないところだから使えないんだよ」とユーモアたっぷりの話で子どもたちの心をキャッチ。「毎日勉強と運動を頑張っているみんなのことがサンタさんは大好きだよ」と優しい笑顔を向け、「だからみんなにプレゼントをさせてほしい。来年もまた一生懸命頑張ろう」と励ました。

 プレゼントを受け取った子どもたちは「ありがとうございます」と大きな声でお礼し、「また来てね」と期待を膨らませていた。

 6年生の砂川新心(あらた)君は「来てくれてありがとうございました。2学期最後の良い思い出になりました」と喜び、「川崎さんや地域の皆さんに見守られていることを実感しています。これからも頑張っていきたい」と話した。

 川崎さんの来校に仲桝京子校長は「おかげで子どもたちのたくさんの笑顔を見ることができた。いつも気に掛けてくれてありがとうございます」とクリスマスの贈り物に感謝を込めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!