07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
産業・経済
2019年12月27日(金)8:59

株出し6割、反収低調/19-20年産キビ

地力増強など課題鮮明/夏植えは増加に転じる


全体収穫面積の約6割を株出しが占めている19-20年産サトウキビ=25日、宮古島市平良

全体収穫面積の約6割を株出しが占めている19-20年産サトウキビ=25日、宮古島市平良

 宮古島市の2019-20年産サトウキビの作型別生産概況がまとまった。収穫面積は株出しが最大で、全体の6割弱に当たる2841㌶を占めた。ただ、製糖各社が調べた生産見込み量の基となる反収(10㌃当たりの収量)は4・7㌧と伸び悩んでいる。地力増強や栽培管理技術の向上が求められそうだ。一方、収量が取れる夏植えの収穫面積は1905㌶。ここ数年は減少の一途にあったが、4期ぶり増加に転じている。

 生産概況は、製糖各社が11月に実施した調査の結果を基に市がまとめた。

 全体の収穫面積は5004㌶で前期比16㌶の減。株出しが56・8%を占めているが、前期の実績より195㌶減少した。一方で、夏植えは前期の実績と比べて378㌶増えた。春植えは前期比199㌶減の258㌶と最も小さかった。

 地区別の株出し面積は▽平良765㌶▽城辺934㌶▽上野322㌶▽下地417㌶▽伊良部403㌶-だった。伊良部を除き各地区で最大だった。伊良部は夏植えの549㌶が最も多い作型となった。

 全体生産量は約27万700㌧を見込むが、反収は全作型とも伸びていない。生育旺盛期に台風が相次ぐなど気象条件に恵まれなかったことが大きな要因だ。

 作型別に見ると夏植えが6・7㌧、株出しが4・7㌧、春植えが4・4㌧とそれぞれ前期実績並みで、現時点では全体の生産量を押し上げる好材料はない。

 気象条件による減産は認められるが、作型の主流となった株出しの反収の低さは関係団体の間で共通の課題に挙げられている。

 2年1作の夏植えに対して1年1作の株出しの面積が増えれば相対的に収穫面積は拡大し、生産量にそのまま直結する。だが、その恩恵を得られていないという見方が大勢を占める。

 要因は地力の低下や管理作業とみられ、株の適宜更新や雑草の除去を含む日ごろの肥培管理の一層の充実が求められそうだ。

 宮古地区における19-20年期サトウキビ製糖操業は今月9日の多良間製糖工場を皮切りに始まっている。同19日には宮古製糖伊良部工場が続いた。来年1月7日には同城辺工場と沖縄製糖宮古工場が開始する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!