10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
政治・行政
2019年12月28日(土)9:00

豊かな島づくり訴え/下地市長

「仕事納め」で訓示
活力ある1年振り返る


仕事納め式で下地市長の訓示を聞く市職員=27日、市役所平良庁舎

仕事納め式で下地市長の訓示を聞く市職員=27日、市役所平良庁舎

 宮古島市は27日、2019年の業務を終了し同日、仕事納めを行った。下地敏彦市長は市職員を前にした訓示で、「活力ある1年だった」と振り返り「来年はもっと忙しくなる。宮古島市が大きく発展を遂げる時代に自分たちが一緒にやっているという誇りを持って頑張ってほしい」と述べ、豊かな島づくりとさらなる活性化へ協力を呼び掛けた。年末年始の休暇は9日間で、2020年の仕事始めは1月6日から。


 下地市長は同日朝から、各支所や関係各課を回って訓示し、職員の今年1年の働きをねぎらった。

 このうち、市役所平良庁舎では▽伊良部島小学校・中学校の開校▽市未来創造センターの供用開始▽小中学校のへの空調設備の設置▽小中学校での危険壁をフェンスに交換-を行ったことを挙げ「教育環境の整備も充実してきた」と強調した。

 これらを踏まえて「今年も本当に皆さんにそれぞれの持ち場で力を発揮してもらった。今の宮古島は活力があると評価されている。皆さんの市民のために頑張ろうという気持ちの表れ」と職員をねぎらった。

 一方、20年に向けては「合併して15年。新しい庁舎もできる。画期的なことで一つの庁舎で市民サービスをすることで市の職員としての一体感も生まれる。来年は移転のための準備をしないといけない。行政の停滞は許されないため、年明けからは新しい庁舎に移転しどのように行政を始めるかを対応してほしい」と訴えた。

 また、「漲水港は14万㌧級のクルーズ船が着岸できるようになる。年に300回以上のクルーズ船が来る予定でそれをいかにサポートするかが市の課題。来年はもっと忙しくなる。宮古島市が大きく発展を遂げる時代に自分たちが一緒にやっているという誇りを持って頑張ってほしい。来年も一緒に頑張っていこう」と呼び掛けた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!