07/06
2022
Wed
旧暦:6月8日 先勝 庚 
スポーツ
2019年12月29日(日)9:00

結の橋クラブ(男子)初優勝/県小学バレー

強打とブロックで圧倒/地元の大声援に応える


開校年度で初優勝を果たした結の橋クラブ=28日、伊良部島小・中体育館

開校年度で初優勝を果たした結の橋クラブ=28日、伊良部島小・中体育館

 第42回りゅうぎんカップ県小学生バレーボール大会(主催・県バレーボール協会)は28日、伊良部島小学校・中学校体育館で最終日を実施した。男女の決勝まで行われ、男子は地元の大声援を受けた結の橋クラブ(伊良部島小)が初優勝を飾った。女子は長嶺クラブ(島尻地区)が制した。

 男子決勝は結の橋対西原南が対戦した。結の橋は、エース源河朝敬の高さを生かした強打とブロックで得点を重ね、第1セットを21-7で圧倒した。

 第2セットは一転して、一進一退の攻防となった。一時はセットポイントを奪われたが、粘り強くボールをつないで逆転に成功。23-21で優勝をつかんだ。

 結の橋は予選から決勝まですべてストレート勝ちと、強さを見せつけた。優勝が決まると大応援団と共に喜びを爆発させた。

 主将を務める源河は「とってもうれしい。応援のおかげで緊張がほぐれ、良いプレーができた。厳しい場面もあったが、焦らずに戦えた」と笑顔で語った。

 結の橋の與座清隆監督は「プレッシャーはあったので優勝できてほっとした。この優勝は地域の応援があってこそ。選手が期待に応え、良い場面で良いプレーを出してくれた」と述べた。

 女子優勝の長嶺も全試合ストレート勝ち。主将の川端菜々子は「優勝を達成できて良かった。決勝ではリードされる展開もあり緊張したが、みんなで最高のプレーができた」と笑った。

 長嶺の与儀実盛監督は「子供たちが力を合わせて優勝してくれた。サーブが入り、リズムの良いコンビバレーが生かせた」と振り返った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!