10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
産業・経済
2020年1月6日(月)8:59

養殖モズクを収穫/宮古島漁協

前年比2倍900トン見込む


収穫したばかりのモズクを水揚げする親子=5日、狩俣漁港

収穫したばかりのモズクを水揚げする親子=5日、狩俣漁港

 平良狩俣で2020年産の養殖モズクの収穫が始まっている。宮古島漁業協同組合は、宮古全体の総生産量を前年比2倍の900トンを予想。キロ単価はまだ確定していない。今後の冷え込みで良質の作柄が期待されている。

 宮古の前年モズクは、高水温や日照不足などの気象の影響で不作だった。モズク生育の適正温度は25度以下とされる。高水温などの時は生育不良につながると指摘されている。

 狩俣では、昨年10月に養殖網に種付けして沖に出し、栽培管理を経て収穫に着手した。収穫ピークは3月ごろで、収穫終了は5月前後を予定。新年度にまたがって収穫されるため、統計の収穫量は新旧年度に区別される。

 狩俣の西の浜沖合側では、これから本格的なモズク収穫が開始される。

 快晴に恵まれた5日、親子2人が漁船一隻を使って養殖モズクを収穫していた。漁船には収穫用の吸引ポンプを設置。一人が潜って掃除機のようなポンプを使ってモズクを吸い上げ、船上に勢いよく送って吐き出す。船上にいるもう一人が異物を取り除く仕事をこなした。この日は1トン余を収穫した。

 狩俣漁港で水揚げされたモズクは宮古島漁協のトラックに積み込まれ、同漁協が運営する加工施設に運ばれた。

 狩俣モズク生産グループの一人は「早く安定したキロ単価が決まってほしい」と期待を込めた。

 狩俣は宮古を代表する養殖モズク産地。狩俣モズク生産グループは1983年に結成され、現在の会員は20人余。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!