02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
産業・経済
2020年1月14日(火)9:00

旅客数が180万人超/宮古空港19年

前年比4万人増 過去最高更新/本土直行便拡充など要因


宮古空港の月別旅客

宮古空港の月別旅客

 2019年(1月~12月)に宮古空港を出発・到着した旅客数は180万3485人で前年に比べ4万3305人の増となり、過去最高を更新したことが県宮古空港管理事務所(宮古島市空港課)のまとめで分かった。本土直行便の拡充をはじめ、那覇-宮古も順調な伸びを見せて実績を押し上げた。5月からの福岡-宮古路線期間運航、生活路線の那覇-宮古の増便や観光が好調なことから初の180万人台に達した。

 19年の月別旅客数で最も多かったのは、8月で17万2307人。続いて10月の16万8734人、3月の16万6686人などとなっている。大きく前年実績より減少した8月は台風接近に伴う欠航があったことが減少の要因と考えられる。増加幅が最も大きかったのは1万4853人増加した5月。次いで1万2606人増の3月、1万1944人増の10月となっている。

 19年は本土直行便では全日空(ANA)が運航する中部(名古屋)、関西便に加えて5月からは期間限定で福岡便も運航した。一方、チャーター便については3月に開業した下地島空港への就航などもあり、宮古空港への運航は無かった。

 宮古空港では近年の観光客増加に対応するため、ターミナルビルの西棟となる搭乗待合室側の1階部分を661平方㍍、2階部分を550平方㍍、東棟となる到着口手荷物引渡場側の1階部分を190平方㍍、2階部分を159平方㍍増築する工事に着手しており、供用開始は20年9月からを予定している。

 それにより西棟2階搭乗待合室の座席数は現在の410席から160席増えて570席となる。また東棟1階の手荷物引渡場では手荷物が運ばれてくるターンテーブルが現在の33・6㍍から約14㍍延伸され、対応能力が強化される。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!