10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
社会・全般
2020年1月14日(火)8:54

【行雲流水】(歌うみやこ少年少女合唱団)

 『みやこ少年少女合唱団歌』(作詞・作曲佐渡山力)。「花と緑の島が嶺に/明るい歌声こだまする/歌うよろこび誇らしく/集う我らはマティダの子/伸びゆくみやこ少年少女合唱団」

▼みやこ少年少女合唱団(団長・宮國貴子)の第42回定期演奏会が1月12日(日)、マティダ市民劇場で開催された。オープニングに団歌が力強く歌われ、つづく第Ⅰ部ハートオブミュージックでは最初に〈NHK〉2020応援歌『パプリカ』が歌われた。「パプリカ、花が咲いたら/晴れた空に種を蒔こう/ハレルヤ、夢をえがいたら/心遊ばせあなたにとどけ/かかと弾ませこの指とまれ」

▼70人余の団員が清楚な姿で歌い、時に歌に和したパフォーマンスがかわいらしく清らかであった。そして、次々に歌われる歌は、自然やふるさと賛歌、友情の喜び、大きく描く夢や理想に満ちていた

▼スライドショーがあり1年間のさまざまな活動が紹介された。その中には沖縄県少年少女合唱祭宮古島大会があり、県内合唱団のほか台湾の合唱団との交流もあった

▼第Ⅱ部では、楽聖ベートーベン生誕250年を記念して、合唱組曲「よろこびハーモニー」が演じられた。ベートーベンの生涯を語り、交響曲等の主題からの旋律にのせて歌詞が創作され、歌われた

▼最後に7人の卒団式が行われ、一人一人が紹介され、団長から卒団証が手渡された。そして、エンディングに『つばめのように』が歌われた。-「高く、強く、たくましく、空をめざして、いつの日にか、輝ける未来(あした)を探しにゆこう」。(空)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!