10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
環境・エコ
2020年1月15日(水)8:58

県がCO2吸収量を認証/美ぎ島ネット

緑化推進機構会長賞も


会長賞を手にする下地会長(左)と認証書を手にする佐和田勝彦事務局長=14日、宮古森林組合

会長賞を手にする下地会長(左)と認証書を手にする佐和田勝彦事務局長=14日、宮古森林組合

 美(か)ぎ島(すま)宮古(みゃーく)グリーンネット(会長・下地敏彦市長)は14日、宮古森林組合で会見を開き、県認定のCO2(二酸化炭素)吸収量認証書と国土緑化推進機構会長賞の受賞を報告した。城辺の西東地区で約46㌧のCO2吸収量があることが算定されたという。

 会長賞は、ふれあいの森林づくりに顕著な実績を上げ、緑化の推進に寄与したとして、昨年12月の全国育樹祭の中で表彰された。

 CO2吸収量認証書は温暖化対策への環境貢献、社会貢献の証しとして広報活動に用いることができる。

 今回は同団体が植栽や保育を行っている西東地区を申請。今後、樹木の成長により、2019年4月から24年3月までの5年間で、約46㌧の吸収量があることが算定された。

 植栽は狩俣や池間などでも行われており、申請することで同様に認定される見込み。

 会見で下地会長は「活動はボランティアでやっている。台風14号で被害を受け、みんなで緑を回復しようと始めた活動が認められた。今後も続けていきたい」と述べた。

 美ぎ島ネットは03年の台風14号の被害を受けたことをきっかけに始動。05年6月に結成し、昨年12月までに植樹などを71回実施し、約4万本、面積延べ9・8㌶で植栽をしている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!