10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
社会・全般
2020年1月20日(月)8:56

「島出身に誇り持って」/友利さん講話

未来創造セの開館記念で


笑顔で講話する友利さん

笑顔で講話する友利さん

 市未来創造センターの開館記念文化講演会が18日、同センター多目的ホールで開かれた。宮古島出身で医師の友利新さんが講師を務めた。友利さんは「いつか宮古のためになる人に」と願った父の言葉を胸に努力したことを説明。宮古の教育環境が整っていることや情報格差が少なくなったことを挙げ、「宮古にいることはハンディではない。宮古から世界に羽ばたける。島出身であることに誇りを持って」と次世代の活躍に期待した。

 友利さんは父から「勉強して得た知識だけは誰にも盗まれない。それは大きな財産になる。どんな時でも勉強しなさい」と金言を受けていたという。

 高校2年までは弁護士を目指していたが、病気を患って女性医師と出会ったことで医学の道を志した。大学1年時には勉強について行けず、留年ギリギリだったことを明かし、恩師の温情と期待に応えようと猛勉強したことを紹介した。

 会場からは「勉強で辛いことがある時、どのように乗り越えるのか」と質問が上がり、友利さんは「短い期間でちょっと頑張れば達成できる目標を作ること。達成したら自分にほうびをあげる。それをコツコツ続けて最終的な目標に到達してほしい」と助言を送った。

 友利さんは、東京女子医科大学卒。同大学病院の内科勤務を経て皮膚科へ転科した。また、2004年には準ミス日本に選ばれた。テレビや雑誌など各メディアで活躍。美容や健康に関する著著も多数ある。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!