10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
社会・全般
2020年1月21日(火)8:56

【行雲流水】(未来への分岐点)

 2015年、持続可能な開発目標が国連総会で採択された。2030年までに飢餓や貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指すというものである
 

 ▼その後、温暖化による地球環境の悪化は予想以上の速さで進行している。このような危機にNHKは、今年の元日、「NHKスペシャル」で、これからの10年が人類の未来を左右する分岐点になるという観点で番組を組んだ

 ▼番組では地球温暖化、食料や水の問題、そして、AI(人工知能)や生命工学などの進化を続けるテクノロジーとどう向き合っていくか。もし対応を誤れば世界は後戻りできないディストピア(ユートピア・理想郷と正反対の社会、暗黒社会)になるという可能性を検証した

 ▼温暖化による自然災害の多発はすでに顕著である。温暖化がこのまま進めば、その影響は劇的に深化すると予想されている。ところが、日本はCOP25で、温暖化対策に消極的な国に贈られる化石賞を2度受けている。その点、再生エネルギーの活用を進める宮古島市やイオン(AEON)の取り組みは高く評価される

 ▼安全な水が得られない人々が多く、水の奪い合いによる紛争が懸念されている。砂漠化の進行による食料不足も深刻である

 ▼AIによる戦争も懸念される。中国で遺伝子組み換えによる子供が誕生、倫理上問題になった。進化するテクノロジーにいかに対処するか。これも人類にとって大きな分岐点になる。未来に責任を持つのは現代のわれわれである。(空)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!