10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
社会・全般
2020年1月23日(木)8:56

防衛白書の概要説明/自衛隊地本が下地市長に

19年度版防衛白書の概要を説明する松永本部長(左から2人目)と関係者ら=22日、市役所平良庁舎

19年度版防衛白書の概要を説明する松永本部長(左から2人目)と関係者ら=22日、市役所平良庁舎

 自衛隊沖縄地方協力本部長の松永浩二陸将補らが22日、市役所平良庁舎で、下地敏彦市長らへ「2019年度版防衛白書」の概要を説明した。新防衛大綱では人的基盤の強化をこれまで以上に推進していく必要があるとして、自衛官候補生の採用上限年齢をこれまでの27歳未満から33歳未満に引き上げている。

 同白書では、現在の安全保障環境の特徴として▽既存の秩序をめぐる不確実性が増大し、政治・経済・軍事にわたる国家間の競争が顕在化▽グレーゾーンの事態が長期化、軍事と非軍事の境界を意図的に曖昧にする「ハイブリッド戦」の手法▽宇宙・サイバー・電磁波領域の重要性などテクノロジーの進化で安全保障の在り方が根本的に変わろうとしている-などと記している。

 松永本部長は「18年度に新防衛大綱、新中期防が策定されて新たな防衛力整備の考え方に基づく内容が記載されている。白書は新大綱の構成を踏まえており、わが国の安全保障を取り巻く全般の環境などを紹介している」と説明した。説明を受けた下地市長は尖閣諸島や電磁波などについて質問していた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!