10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
政治・行政
2020年1月25日(土)8:58

今後は、ソフト面強化へ

下地市長 自己採点は「80点」
市長就任11周年


市長就任11周年を前にインタビューに答える下地市長=23日、市長室

市長就任11周年を前にインタビューに答える下地市長=23日、市長室

 下地敏彦市長は25日の就任11周年を前に23日、宮古毎日新聞社のインタビューに応じた。下地市長は、これまで重点的に社会基盤の整備を進めてきたことから、今後はソフト面に力を入れるとともに、現在建設中の市役所総合庁舎周辺で新しい街づくりを計画していくことを強調した。自身の市政運営を「80点」と自己採点した。


 下地市長は就任11年を振り返り、市民生活に密着した施設を整備したことを挙げた。

 具体的には葬祭場、図書館と公民館を併設した未来創造センター、クリーンセンター、JTAドームなどを示して「市が発展する基盤作りがかなり出来上がった」と実績を述べた。

 その上で、今後は人材育成を含めた教育や子育て、高齢者対策など、市民生活に密着した形でのソフト事業に力を注ぐことを強調した。

 平良西里(市消防本部北側)で建設工事が進められている市総合庁舎については、都を他の地に移す「遷都」と表現し、周辺地区の街づくりに向けた計画を進めることを力説した。

 市長という肩書きを「宮古島市を代表して対外的にアピールする職責」と述べ、自ら先頭に立ってトップセールスを行うことが重要だとの考えを示した。

 「宮古島全体としてやらなければならない事業については、関係機関に自ら出向いて理由を説明する。このような行動は、相手に『宮古島市は本気なんだ』と感じさせる」と話した。

 来年1月に予定されている市長選に向けては「現時点では具体的に考えてはいない」としたものの、新年度に向けた市政方針や予算編成作業の中で地域経済の発展、それと連動した新庁舎周辺での街づくり、地域福祉の推進などが示される予定であるとし「これらを何とか実現させたいという気持ちはある」と前向きな考えを示したが「市民の意見を聞きながら判断したい」と明言を避けた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!