10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
社会・全般
2020年1月26日(日)8:56

活断層の危険性学ぶ

地方気象台など
防災&気候講演会開催


多くの市民が集まり、講話に耳を傾けた=24日、市未来創造センター多目的ホール

多くの市民が集まり、講話に耳を傾けた=24日、市未来創造センター多目的ホール

 2020防災&気候講演会in宮古島市(共催・市、宮古島地方気象台など)が24日、市未来創造センター多目的ホールで開催された。気象庁と沖縄気象台の職員が沖縄の地震活動や地球温暖化の現状と今後について講話した。多くの市民が集まり、活断層の危険性や今後発生する災害の大きさについて理解を深めた。


 沖縄気象台の地震津波火山防災情報調整官の神谷晃氏は、沖縄および宮古島地方の地震活動を報告。宮古や石垣の近海では、2000年以降でマグニチュード6を超える地震が複数回発生しているが、直下型地震ではないため被害は少なかったという。

 今後地震を起こす可能性のあるとされる活断層帯は宮古に二つ存在。池間島から城辺にかけての「宮古島断層帯中部」と、伊良部島から来間島にかけての「同断層帯西部」は地震が起きると最大震度6強が予測されていることを説明した。

 南海トラフ地震が発生した場合、宮古島市と多良間村で最大津波高4㍍(到達時間約2時間)が予想されており、同地震の防災対策推進地域に2市村とも指定されている。

 気象庁の地球環境・海洋部気候情報課調査官の後藤敦史氏は、「地球温暖化の『いま』と『これから』」と題して、地球温暖化に伴う気候の変化について講話した。

 開会式では主催者を代表して下地敏彦市長(代読・長濱政治副市長)が「講話を聞き、災害から命を守るすべを学んでもらいたい」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!